2007/02/05

スーパースキムミルクヨーグルト、金柑の蜜煮を添えて


ネットでお友達になった複数の方から偶然にも、果物のコンポートを作る、と云う話を聞きます。
先日はTV番組で、キッチン裏のパントリーに、
数々の瓶詰めのお手製のコンポートらしきものが並んでるのを見かけました。
コンポートの言葉の響きや、出来上がったその果物の艶や輝きが思い起こされ
なんだかうっとりしてしまいます。
果物をそのままで食べたり、ジュースにするのもいいですが、
お砂糖の力を借りると、また違った味わいにもなるし、保存も利くし。

帰省時に貰った金柑を使って、久しぶりに先月、蜜煮を作りました。
私のレシピは・・・
半分に切って、種を取り、沸騰したお湯で茹でこぼした後、
金柑の半分の重さの砂糖を加えて弱火で煮ます。
あくは丁寧にとり、全体的に煮詰まって柔らかく仕上がったら、火を止めます。
簡単に出来てしまうのも魅力的。

昨日のおやつの時間には、スーパースキムミルクヨーグルトに乗せ、
オレンジの蜂蜜をたらりとかけてみました。
このヨーグルトは密度があるので、小腹がすいた時にも程よく満腹を感じられます。
カルシウムもたっぷりで、そのままでも美味しいんだけど、
最近は金柑の蜜煮をぽん、と一個置いて、
スプーンで良くかき混ぜて、馴染ませると風味もアップ。

金柑もだいぶ食べてしまい、瓶の残り半分を切ってしまいました。


義母から貰った金柑の蜜煮は、丸のままなので、贅沢なとろみがあって美味しいのです。
が、丸のままと云うことは、種があると云うこと。
私バージョンは種無しで、よりあっさりしてるかな。

フレッシュジュースは、一期一会でその時でしか味わえない刹那を感じますが、
旬を閉じ込めるコンポートはその反対にあるようです。