2006/09/05

GIOTTOのサンク


お世話になりっぱなしの取引先の方々より、ジョトォのcinqを頂き、感激。
いちご、ピスタチオ、レモン、バニラレーズン、チョコと5種類の味のビスキーに
どっちがどれにする?と配偶者と取り合いつつ、結局全て味見。
ピスタチオとバニラレーズンが特に好き。
アイスコーヒーできりっとしつつ、お茶の時間を愉しませていただきました。

前職が、彼女たちと同じ仕事だったので、苦労は判るつもり。
判ることを生かした仕事を別の形でしたいなあと思った前回の職場変更でした。
なかなか難しいねえ。しかししかし、まだまだ頑張ります。

先週の金曜は、くまのみ。さんに誘われて、六本木ヒルズで行われた
日経WOMAN主催の「自立した女性が創りだす社会とは」セミナーに参加しました。

1部の講演では経沢香保子さん。
26歳で起業、ここ3年は結婚後毎年ご出産なさって3児の母となり、
社長業もバリバリこなしているらしい。
3児の母と思えないくらい、きちんと鍛えた腕や肩が美しく覗くシックな黒のワンピで
美しい社長さんでした。
情報収集、自分の中での熟成を経て、的確な判断を常に行っている様子が、
お話からも良く判ります。
素晴らしいなあ~。知らなかった人を知るのって興味深い。

2部は、石田衣良さん、藤沢久美さん、日経WOMAN編集長と、
総合司会の富永アナの座談会。
何もかも不勉強なワタクシですので、石田さんの本もドラマも見たことなかったし、
シンクタンク顧問のこれまた美しい藤沢さんを存じ上げなかったのですが、
お二人のソフトな口調でありながら心強い助言に、会場の迷える女子たちはほんわかしたのではないでしょうか。
私も含め。

くまのみ。さんと確認しあったのは「やりたいことはやる」だ。

しかし、女性が自立するために20代30代にやっておくべきこと、って話は、
年月を重ねてきた私にとって、「そうだよなあ、そうなんだよなあ」と割と納得できる話でした。
で、私って自立してるかなあ? 
石田さんが云ってました。「みなさん、もっと自信持ってください」って。

仕事と生活のバランスをうまくとりたいものです。難しいです、やはり・・・。

余談ですが、某アナが自分語りでちょっと空気読めない風になって話が止まらなくなってしまった時が2回あり、
自分のことを話すときにはこうならないように気をつけよう、とも思ったものです。
(周りの人たちがアンケート書き出したりしていた位)
辛口で申し訳ないけど、全てのものは、私の教材です。