2003/02/11

東京:日本橋三越「カフェ ウィーン」



特にあても無く、ただ建築物として古いモノだ、ということだけで日本橋三越へ。
バレンタイン直前で、デパ地下はチョコの嵐で、あれこれつまみつつ、
お茶処としてハロッズに向かったのですが、長蛇の列・・・。
そうですよね、フォートナムメイソンも40分待ったのですから。

一階でヴィクトリア時代のモーニングジュエリーやドレスの展示が行われてて
思わぬ英国的トピックスを仕入れてしばし、見学。
ローラアシュレイのバーゲンで人ごみに揉まれた後、
カフェ ウィーンのショーケースのクープカフェウィーンに釘付けになってしまいました。

10分も待たずに席に通され、結局正統派ザッハトルテも捨てがたく
カフェヤウゼというケーキセットをオーダー。
丁度バレンタインシーズンで「ハートもありますけど」と店員さんに提案されたので
しっかりハート型で頂きました。
チョココーティングをぱりっと割って中のしっとりとしたチョコケーキ諸共
ホイップクリームにつけて。
甘さの中の苦さも全て美味しい。
ホットコーヒーは伝統的にメランジェを。
とても飲みやすく、ザッハトルテとの相性も良い。
ブランデー付の紅茶にしようかとも少し思いましたが、
此処ではコーヒーにしないでどうする?と云った処です。

さて、ホントのお目当ては、クープカフェウィーン。

アイスやシャーベットが計5個も食べられるのですよ?素晴らしい。
普段ならせいぜい頼んでもダブルなのに、さらにトリプルがついてるなんて。
今日の私は甘い物に対してちょっとネジが外れていたらしく
こちらも殆ど頂いてしまいました。
カシスシャーベットが一番美味しい。
そこにはリキュールで風味付けされたフルーツカクテルがあり
満足感をさらに高めてくれました。

どちらも1,000円也。
私は偶然入ったお店の場合、
帰宅してそのお店を検索して色々調べるのが癖なのですが、
今日はやや悔しい情報。
カフェ ウィーンは、有楽町の東京国際フォーラムにもあるそうで、
カフェヤウゼはこちらだと800円らしい。
行ってないからなんとも云えないけど、三越はインテリアがクラシカルな感じで
雰囲気がより楽しめるのであろう、と思っていたい。

流石にお腹が一杯になったので、神田をてくてく歩いて
幾つかカフェを発見。
オフィス街ということでその殆どは閉まっていましたが、
そのうちそのお店にも行こうかなあとto do listに加えておきました。