1998/02/18

東京:神保町「Tea House TAKANO」



改装して今の形になったそうですが、
想像よりとても開放的な店内に意外な印象を受けました。
地下とは思えない明るい雰囲気で、カジュアルなのは
学生の街だからでしょうか。

その時は疲れていたので
ガツンとパンチのある紅茶を飲みたくて、ラプサンスーチョンを。
スコンにはclotted creamとrose jamが添えられててとてもromantic。
スコンは大変美味しいのですから、欲を云えば
クリームとジャム、もっとたくさん欲しかったです。
差し湯もあればもっと嬉しいかな。
禁煙席があるのはほっとする思いです。

エラソーに云う立場ではないのですが、
だんだん理想の紅茶の店が自分の中に固まりつつあります。