2008/04/27

イナダとホタテのお刺身


魚屋さんで、イナダが目に留まり、もうこれを買うしかない雰囲気に。
出世魚ぶりの、若い時の関東での呼び方なのですね。
うちは、多分西日本の出身だからか、マグロよりはブリの方が大好き。

また、天然ホタテも甘く、お店の方に勧められるままに買ってよかったねえと
感嘆しながら味わいました。

醤油の小皿が2個ずつあるのは、わさび皿と柚子胡椒皿を分けたため。
彼は、泡盛のロックがますます美味しく感じられたようで、何より何より。

豆もやしは、さっと焼肉のタレで炒めただけ。
いんげんは、今回オーガニックサイバーストア で野菜のセットを購入したものに含まれていました。
有機JAS認証のものしか取り扱っていないお店です。
さっと茹でて、2杯酢とすった黒ゴマで和えましたが、
きゅっとしたしっかりした豆のおいしさがよく感じられて、よかったです。

何と云うか飲み屋さん的なメニューもちゃちゃっと作れるといいなあと
以前から思いつつも、あまり飲まない私は、飲む人の好みに合うようなメニューが
まだまだ苦手です。
様になるようには、研究も必要だなあ。

ホタテのひもは、刺身でもいけるが、にんにくと一緒に炒めて、
醤油をちょっと垂らして。

とても気に入って貰えたので、ほっとしました。
ホタテの残りの食べられる部分は、さっと煮付けてみましたよ。

最後は、同じ魚屋さんで買ったしじみで汁物を。

三つ葉も、ありえない量入ってます。
1把を2人分のしじみ汁で使いました。

赤い野菜がないなーと作りながら、このラインナップに違和感を感じながらも、
お昼のカレーにはにんじんをどっさり入れていたので、
トータルで考えれば、よし!なんです。

実感が湧かなかったけど、ゴールデンウィークだったんですよね。
うちは、ブロンズウィークって感じかな。
昨日今日は至って普通の土日・・・いや、いつもの週末より地味だったかも。
でも、こうして日常っぽい夕食を囲めるのが、非日常でやっぱり嬉しいです。