2008/04/03

春野菜のタルティーヌ


今日は、日本パンコーディネーター協会主宰のトークイベントに参加してきました。
人気パンサイトを運営したり、パンガイド本の監修をなさったりとご活躍のClevaさんが
「取材したくなるパン屋さん」をテーマにお話くださいました。
インタビュアーは、パンコーディネーターの講師でもあります稲垣先生。

パンが好き、と云う処から始まって、
今ではパンのコラムを書いたり、 イベントの企画をしたりを、
本業の在宅のお仕事+育児の合間を縫ってこなすそのパワフルさに感動しつつ、
とてもその姿がまぶしく感じました。

恥ずかしながらパン好きの末席におりますわたくし、Clevaさんをこのイベントで知りました。
でも今日、お目にかかれて本当によかったと思います。

力づけられたことがたくさんありましたので、そのメモを。
(正確な表現でないことをお許しくださいませ)

継続することは、後からは得られない、貴重なものだ。
苦手なものほど近寄ってくる。
自分ひとりの力で成し得たものではなく、周りの人々の協力があってこそ。
チャンスは、自分の状態が万全じゃない時にもやってくる、
とりあえず無理のない範囲でやってみよう、次のチャンスはないかもしれないし。

ホントに心に染みました・・・実は、今計画中のことがあって、
少しだけ今、臆病になっていた部分があったのですが、勇気付けられました!
近い内に、このサイトでもお知らせできると思いますので、お楽しみに。

また、Clevaさんが取材した数々のパン屋さんでのエピソードも、興味深かったです。
体当たりで取材して、いくつかのターニングポイントとなるタイミングが
時々訪れて、ますます成長されていく過程が見えました。
いいなあ。

イベントの中盤では、出来立て熱々のタルティーヌが配られました。
Clevaさんの好きなパン屋さんの一つ、Le Coeur(ル・クール:千葉市おゆみ野)の
パンドカンパーニュを使った春野菜のタルティーヌです。

見るからに、菜の花畑を思い起こさずにはいられません。
なんと色鮮やかな組み合わせなんでしょう・・・。
たまごタルタルがこれまた優しい味で、全体を調和させています。
カンパーニュがカリカリとしていて、美味しかったなあ。
ワンドリンクとパン料理がついて、パン好きパワーもチャージさせて貰って、
いいこと尽くめだなあ。

最後の質疑応答では、私も質問させてもらいました。
こういうイベントでは必ず質問するように心がけているのです。
私の質問は、週末のパン屋さん巡りおよび平日の食事の回数では、
パンを食べる回数は限られるし、全種類買う訳にもいかないと思うが、
このパン屋さんのおすすめはこれ!と云う見極めはどうしていますか?

お答え、その時の気分で好きなものを買うが、割と好きなパンは
決まってくる場合も多い・・自分の好きなものと云う基準で選ぶので、
みなさんもそれぞれの「このお店のこのパンはおすすめ!好き!」
と云うのを見つけてくださいね。

ハイ! そうしまーす。
と云いながら、最近は焼いたパンを食べているので、正直なかなか
ベーカリーのプロのパンを食べる機会が激減していて。
折を見て、話題のパン屋さんには足を運ぶようにしようと、思いも新たにしました。

パンコーディネーター仲間に、実はABCの講師の方もいらしてて、
今日は久々に彼女ともお話ができてよかったなあ。

なーんて満足してたら、イベントの最後にClevaさんからサプライズプレゼントが!
西荻窪のポムドテールから、このイベントだけのために作られた、春ベーグルです!

クリームチーズと桜の花の塩漬けが練りこまれています。


桜の塩気と、クリームチーズのまろやかさがとてもマッチしています。
クリームチーズが既に入ってたので、このまま食べてしまいました。
ご馳走様でした~!