2008/03/23

東京:青山「ル・カフェ・ベルトレ」


原宿に野暮用があり、付き合ってくれた夫とその後ランチ。
プリフィクスになっているBコースにしてみました。

私は、前菜には冒頭のニース風サラダ。
期待通りのボリューム感のある、野菜たっぷりの一皿でした。

メインには、鴨とフォアグラの網脂巻き(正式名称じゃない・・)を。

こちらもなかなかでした。

夫の方は、前菜にスモークサーモン。


そしてメインにスティックフリット。

お肉が大変残念だったようです。
多分、残念ながら私の食べた方が見栄えがするし、よかったかも。

デザートは二人とも盛り合わせ。

バニラアイスが濃厚で美味しかったです。

カフェクレームで締めくくり。


お店はビルの奥まった場所の半地下で、赤と黒を基調にした
シックな色合いのせいか、昼間でも夜の雰囲気。
席と席の間が割りと狭く、この時のお隣のお喋りが声が大きかったこともあり
かなり落ち着かないお昼ご飯の時間でした。
私も普段うるさく喋ってないか、心配になりました。

柳舘シェフプロデュースのお店ということで、味はまあまあ、
私の選んだ方を見るとコストパフォーマンスはよいなと感じます。
サービスについては、色々なブログで見る評価について納得する処も。
でも改善されないってことは、ご本人には耳に入らないのだろうなあ。

フォアグラのハンバーガーが名物のようで、チーズバーガーかもしれないけど
目の前をたくさんハンバーガーのお皿が通り過ぎていきました。
オーダー数は人気のようです。
横目で見ても、すごいボリュームでした。

柳舘シェフの他のお店にもお邪魔してみたいです。
また違うのかな。