2007/12/16

ほうれんそうベーグルサンド2


ほうれんそうベーグルは、先日クリームチーズとツナのサンドをアップしましたが、
後日こんな風な食べ方をしていました。

冒頭のには、クリームチーズと、薄焼き卵を挟んでます。
奥には、トマピーを千切りにして、軽くドレッシングを和えるだけの
簡単付け合せ。

こちらは、クリームチーズと、オイルサーディン。

付け合せには、紅白なます。
そう、バインミー風のサンドウィッチを作ったあたりの日です。

ABCの授業があと少しなので、今まで復習したことなかったのを中心に
出来るだけ復習して、疑問点は先生に尋ねてこようと思うと必死・・・。
結局、復習しきれない気もします。

昨日、パンコーディネーターの試験の合格通知が来ました。
ほっとしましたよ・・・。
自分で明らかに間違えた処も判ってるけど、あやふやな処がどうだったのか
確認したい気持ちでもありますが。

明日は、食の達人の養成講座の第2回。
食べることを学ぶのって、本当に楽しいです。
勿論、食べること自体、楽しいのですがね。

今日のニュースで、メイ牛山さんが亡くなられていたことを知りました。
数年前、仕事でインタビューする機会に何度か恵まれ、
当時既に90歳近かったのに、しゃきしゃきしていて、美への思い入れの強さに
感動したことがありました。

指なんて、私のどす黒い色とは大違い。
メイ先生の白く細い指の先には、
はっきりした赤いマニキュアを艶やかに施していて、
美のキャリアが違うなあと感心すると共に、自分の手が恥ずかしかったです。

その時のインタビューで、強く心に響いたのは、
美しいものを美しいと感動する心を持つということと、
美しくあるためには、きちんと食事をして健康な身体を保つこと、
と云う2点でした。
言い回しは正確に覚えてないのですが、まあ、要点はこういうことでした。

特に、当時は私はどんより淀んでおりましたので、
好きな国にたとえ短期でも留学して、
美しいなあと思えるものを見てこよう、と決意した次第でして。
 →2000年 イギリス篇 短期留学

ちょうど、今日の午後、テレビ朝日で世界の車窓からの20周年記念番組を
やっていて、イギリスを安田成美さんやナレーションの石丸謙二郎さんが
英国を鉄道で旅をしていて、うっとりと眺めていました。
安田成美さんのゴージャス版の方の、イギリスのふれあいがちょっと
嘘っぽくってそれはそれで面白かったです。
途中まで観て、またあとでゆっくり観ることにして録画しています。

メイ先生は、あちらでも美に対する気遣いを、
そのままきっと続けてらっしゃるだろうなあ。