2007/04/17

じゃがいものネギみそ焼きなどのお弁当


先々週の配偶者に作ったお弁当ですが、毎回そんなに名前はありません。
強いて表題にしたのは、じゃがいもを軽くチンしてスライスし、
思いつきでネギみそをかけて軽く焼いたものです。
あとは、しめじ・にんじん・ごぼうのきんぴら、ソーセージ、ゆで卵、
レタスの上には赤ピーマンのマヨネーズ和え。
ごはんは、とうとうサンプル請求した、やずやの雑穀ごはんを炊き込みました。
2合に対して一袋の処、いつものように3合を計量してしまい、
雑穀が薄まっていますが、もちもち感は確かにありますねえ。
ひとまず、初回限定の特典3袋プレゼントまでいってみようかしら。

思うツボ??
でも洗わないで使う観点からも、
有機JAS取得してる無農薬栽培専門店 スローフーズ で買いたいような。
人気の雑穀って何処のなんだろうなあ。
そしてその人気の理由はなんだろうなあ。

最近の配偶者のお弁当は、なんとおにぎりのみ2個パターンが増えてます。
旅人のようなお弁当の包みです。
午前中の打ち合わせ後、すぐ出掛けるためにお昼の時間が少なく、
ぱぱぱっと食べられるのがありがたいのだそう。

そうか。。と、ある日、
詰めるはずだったおかずをそのまま結んで海苔で巻いたら
結構なボリュームになってしまいました。
彼にも「美味しかったけど大きくて吃驚した」とメールが来ました。
それはひれカツだったのだけど。

後は、きんぴらを刻んでかつおぶしと混ぜたごはんも結んだことも。
なんだかおかずを添えないと、心配で仕方が無いのです。
その内、バクダンおにぎりを作ってしまいそう。