2006/10/31

淡路島土産でお弁当


淡路島でのお買い物を反映したお弁当。

ご飯に振りかけたのは「たこちりめん」。
淡路島に入ってすぐのサービスエリアで買い求めた、明石海峡のたこをつかったちりめんです。
ちりめん何某と云うのにただでさえ弱いので、名産と組み合わさっていると即買いしてしまう。
炊き立てご飯にいいんですよねえ。
おにぎりにしても勿論馴染みが良いしね。

万願寺とうがらしは、28号線の直売所(お花をくれた処)で買いました。
北海道旅行して旭川の居酒屋さんで出してくれるまで、万願寺を知りませんでした。
京野菜だったんですね。
ピーマンよりパンチがあり、シシトウより食べ甲斐があるため、
私の中で万願寺ブームがおきています。
お弁当には、焼いて、生姜醤油に漬けたものをどーんと大胆にいれました。

ナスは、焼き付けた後、ハリマの焼肉のタレを絡めました。
このタレのことも配偶者と出会うまで走りませんでしたが、彼の家では大定番。
きゃべつの千切りにも直接かけて食べるほどかなり色々に使うので、
彼の実家からいつも送って貰い、欠かすことは無いタレです。
播磨地方の定番?

卵焼きはベーコンの千切りをまず油無しでじっくりカリカリに炒めてから作ります。
この後で、とうがらしやらナスを焼くと、油を使わずに済むので
ダイエットにも作業性にも効果的。

小松菜と油揚げの含め煮は、先週作り置きして、小分けにして冷凍しておいたもの。
しばらくこれが延々と登場する予定です。

淡路島弁当を完成させるには、本当はたまねぎがあれば・・・!
残念ですが、持てる量だけのお買い物で。
送料考えると自力で持って帰りたいものです。