2006/10/23

お好み焼き


主婦の一人ごはんってみんな何を食べてるんでしょう。
私は適当な時と何かを作ろうって思う時とのギャップが激しいです。
今日はちなみに梅おにぎりを作って、食べたくらいバランスが悪い。

このお好み焼きは、「お好み焼きを食べたい!」と強く思った日で、先々週のお昼ごはん。
基本は「ぶた玉」だと思ってるのに、生地に卵を入れるのを何故か忘れてがっかり。
山芋たっぷりすりおろして疲れたか?
で、広島風みたいに、黄身を少し崩した感じの目玉焼きを下に敷きました。
これはこれでOK。
食べたい物を食べた!と云う満足感で一人ごはんも割と楽しいです。
食べたくない時には身体の声を聞いて食べないし。

処で従妹が介護ヘルパーをしており、先日こんなメールをくれました。
(勝手に載せてごめん~~>従妹よ)
------------------------------------------------------
私が、担当している63歳の利用者様<男性>は、食事制限なく
食べることが大好きなんだけど、一人で食べるときは
どんな手のこんだ料理も、美味しくないって。
考えさせられたよお。まあ、私は聞き役に撤してる!
私に、わがままをたっぷり言うけどさみしいのだろうね。
------------------------------------------------------
彼女は小さい頃から近所のおじいちゃんおばあちゃんとよく接してたので
心労も多々ありつつもこの仕事はとても合っているなあと遠くから見守ってる次第。

で、この話で私も色々と考えさせられることもありました。
あったんだけど、ちょっとディープ過ぎて書けないので、
大変中途半端ですが「あったんだよー」って云う事で。
きっとみんな色々事情を抱えてるよね。

さてこのちょいと小ぶりなお好み焼きは、適当に作ったら全部で3枚焼けました。
残りは冷凍して、電車で帰れた時の配偶者の夜食となったり、
後日の私のお昼ごはんに再登場したりしました。