2006/09/26

東京:五反田「七厘焼 若」


五反田ランチシリーズ。

七厘焼き的なお店で、焼き魚とか鶏の焼いたのとかあったかもしれないのですが、
この定食以外に頼んだことがなく、うろ覚えです。確か850円くらいだったかも。
石焼ビビンバなら近所のチェゴヤと云う意見もあり、確かにそちらも美味しかったですが、
多分私のツボは、他の人は和食を食べていられるし、ビビンバにお味噌汁とかサラダとか小鉢がついてるし。
そのあたりにメリットを感じていましたよ。
このお店で石焼ビビンバを頼み続けて気が付きましたが、相当石焼ビビンバが好きです。断言。

さて、五反田ランチシリーズはこれで一区切りです。
他にも写真あったんですがあまりにもよろしくない写真だったりで今回がひとまず最後。

今日は午後は仕事の打ち合わせでカフェへ出掛け、ぶどう緑茶をオーダー。
ラ・フランスティを飲む今日この頃、ぱっと興味を引いたこのお茶、いい具合にぶどうの香りがしました。
フレーバーティって割と合成な匂いが苦手だったんですが、最近は厭味無い匙加減になってるのかしら。

打ち合わせ後、私はそのまま残り、読書を。
途中で何かケーキを食べようと思ってメニューを眺めた処、
「バナナ小倉ケーキ」か「かぼちゃココナッツケーキ」の2点が。
できれば「かぼちゃ小倉ケーキ」であれば、オーダーしたいのですが、無理ですよね・・・。
今日の処はケーキは我慢するようにと云う何かの思し召しと捕らえ、メニューを閉じました。

帰宅後は、VAAMを飲んで暫くしてヨガをし、色々と。
「ビューティコロシアム」見たんですが、石田純一の
「人は2種類あって、言い訳をしてやらないひとと、何とかしてできないものかと工夫する人がいる」
(正確な文言ではないですが、そんな感じ)と云う発言があって、ドキッとしました。
言い訳、私も多いなあ・・・。