2006/09/09

林志源のポークジャーキー


元同僚がシンガポールに旅行した時のお土産のポークジャーキー。
肉っぽいのから遠ざかっていたので、これは配偶者の大好きなビールのあてに、
と思いきや、これはイケルではないですか。

写真はカットしてるんだけど、ぺらっと10×20センチくらいの平べったい肉片が
何枚も袋に入っているのです。
お肉屋さんみたいな対面販売している処で、「豚を200g頂戴」みたいに注文し、
その場で量り売りして袋に詰めてくれるんだそう。
BBQソースっぽい味がします。意外に止まらない。

この日は、配偶者がずっと聴いてるラジオの恒例イベントがあり、
昼夜2部とも参加してみました。
客席ほぼ男子で埋まる、そんな場所で、夜の方は結構面白く話を聞きました。
ま、人があるところに道ありってことですなあ。

晩ごはんはティーヌンであっさりと麺類を食べ、ビールとジンジャーエールを仕入れて帰宅。
ジャーキーを食べるために。
私はエビスの黒にジンジャーエールを注ぎ、シャンディーガフにてつまむ。
うーん、シンガポールもいいねえ。

ビールってジンジャーエールを入れるとなんと素敵な口当たりになるのでしょう。
とは云え、全ては飲めず、ダウン・・・zzzz