2006/08/25

東京:五反田「味山」


西五反田ランチシリーズ。
ここで正統派の照り焼きを食べずにいられません。
奥まった処にあるからこの辺で働いてないとまず判らない場所かと。
夜は小料理屋っぽいけど、週一で通う大事なランチ処です。
ランチ仲間では「魚にする?」と云うと此処の店を指すくらい。

刺身定食900円、照り焼き定食850円、焼き魚定食800円、と必ず3種類。
刺身以外は日替わりで、私はほぼ照り焼きです。
さばの味噌煮とかくらいだったかなあ、照り焼かなかったのって。
なんせ、店の外に実に食欲をそそる照り焼きの醤油だれのこんがりした香りが溢れ出しているのですよ。
白いごはんと一緒に食べたいじゃないですか。
小鉢類も日替わりで、私はこんな風に野菜っぽいものだと嬉しいです。
野菜の天ぷらはちょっとヘビーかなあ。
サッカーのワールドカップの頃に、カツが付いてきたんですが、それはやっぱり縁起を担いだのかしら。

肉食→野菜中心→魚が好きになる、の、魚好きに拍車を掛けてくれた大事なお店です。
このお店に最初に来た時のぶりの照り焼きが一番好きだったけど、
写真の鰆もよかったです。

最後にレジでお支払いした後に、日替わりのしかも懐かしめの飴が籠に盛られていて、
ご馳走様~と云いながらひとつつまんでいくのも楽しみの一つ。
もっと余力があれば、近所で豆大福買ったりね。