2005/09/18

nutellaトースト


配偶者のお世話になっている方が、イタリア土産を下さいました。
なんでもホテルの朝食に出て、大層気に入ってスーパーに買いに走ったと云う
チョコスプレッドです。
早速、トーストに塗って頂いてみました。
うーん、これは舌に絡みつく濃厚な甘さがたまらん。
私も買いに走りたいです、ご馳走様でした。

ちなみにこんな風な可愛らしいパッケージで。

このデザインどおりの瓶入りもあるらしいのですが、危険。
割高だったとしてもこのような小分けパックにしとかないと、
あっという間になくなっちゃいそう。

そういえば、まいにちトースト にもヌテッラはイタリア人男性にとって、
マンマの次に大事なものと紹介されていました。

昨夜はひょっこり時間があったので「容疑者 室井慎次」を観て来ました。
面白かった!
警視庁VS検察庁のいがみ合いとか、法律の事は良く判りませんが
踊るシリーズの今までの雰囲気とも「交渉人真下正義」とも違う
じっくりと描かれた内容は好きですねえ。

新宿北署の建物が古い教会で、まったくそぐわないんだけど
歌舞伎町などを管轄にしているそこら辺のアンちゃん風情の
刑事たちもなかなか良かったです。

スリーアミーゴスは踊るの雰囲気を醸し出してくれて
和久さんのことに言述したのは私はアリ、だと思います。

田中麗奈、華奢で可愛いなあ。
NANAの時同様、女子の体つきが実に羨ましくて仕方ない。
映画の中での存在感を問われると物足りないけど可愛いのでいいや。

女性では圧倒的に真矢みきが大好き。
あの大人の雰囲気、艶っぽい声。
「・・ね、ボ・ク。」
って私が男子なら、こう云われてみたいっす。
踊る2からがらっと性格変わりましたなあ。

八嶋智人さん、好きなんだけど
悪徳弁護士としての描かれ方が腑に落ちない気がします。
なんつーか、あの事務所の女性も腹立たしい。
ビジネスマナーのなってない奴は人として厭なのよねえ。

ともあれ、真下正義の時とは違って、
最後に一応の「結末」を迎えられたので、ほっとはしました。
全体的には楽しんできました。
今度はやっぱり真下夫妻の顛末なんでしょうね、順当に行けば。