2005/07/11

東京:六本木「thePantry」


昨日は、「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」を観ました。
遥か昔、なんとも壮大な宇宙の物語をスクリーンで観て
しかもこのお話は全9部作の内の4番目のお話で、
まずは4,5,6がシリーズで作られているのだ、と聞き
胸を時めかせた田舎の小学生が、
なんだか未来都市のような場所でその4番目に繋がるエピソード3を
こんな大人になって観ることがあろうとは、一体想像ができたでしょうか。

いや~面白かったです。
エピソード1も2も、「ハン・ソロ出てないし~」と
今ひとつ新しい波に乗り切れてなくてずっと観ていなかったのですが、
なんか、3は行った方が良いんじゃないかと云う気がして。
行って大正解です。

気がつかなかったんですが、アナキンお父ちゃんは
口車に乗せられやすく掟も破るヘタレだったのだ、
と云うのが感想です。
あんたの息子や娘たちは立派に育ってねえ、まあ。
だからこそその後のお話が面白いんですがね。
オールドファンにも懐かしさ満点の素晴らしい映画でした。

既に観たよ、と云ってた友人に「ユアン・マクレガーLOVE!」とメールしたら
「あら、アナキン派かと(^m^」とお返事が来ました。
そうか~でもほら、甘ーいマスクのユアンが切ないじゃないですか。

最近家の整理をしてたら、エピソード1のパンフレットが発掘されました。
手放せない思い出の品です。

映画の後は、ホームワークスプロデュースのこちらで
アボカドバーガーとオーガニックの紅茶を。
グルメバーガーの中でも、手で持って中身がこぼれずに
体裁よく食べられる大きさ。
パテは肉肉しくなく、あっさりとした感じで頂けます。
でもボリュームはしっかりあります。
フレンチフライもどっさりと揚げたて。
1,000円前後くらいだっけ?

もう一つのはベーコンチーズバーガーとルートビアの組み合わせ。
さっとハンバーガーをかじり、映画の余韻にひたりつつも
混雑した街を抜けて行きました。