2003/10/05

東京:神宮前「ブラウンライスカフェ」


昨日はeウーマンによる松本侑子先生の「赤毛のアン英語セミナー」でした。
友人と表参道でまずは待ち合わせ、スイスからやってきたコスメショップ「ヴェレダナチュラルスタジオ」に案内してもらいました。
自然な香りに惹かれ、ハンドクリームなどを購入する友人の傍で、「ヘッド&ネック」の文字に吸い寄せられるようにセミナーの後のマッサージの予約を入れてしまいました。

ランチはニールズヤードのショップに併設されたブラウンライスカフェで。
心地よい秋晴れの下、木のテーブルと椅子でとるテラス席でのランチは9末の忙しさを癒してくれる、身体に優しいものでした。
大好きなローズマリーが大きな鉢に見事に育ってて、スタッフの方がそれにパチンとはさみを入れて小さな花瓶に活け、 シンプルなインテリアでまとめた店内の棚に飾っていました。

季節野菜のせいろ蒸し1600円は、まずはこんな前菜から始まり。
カリッとトーストしたパンにカレー味のソース、さつま芋、インゲン。
粗塩が散らされてて、ちょっとしょっぱいけど白ワインにも合う感じ。


メインのお膳は冒頭の写真です。
黒胡麻をかける玄米ご飯は噛み応えがあって美味しいし、お味噌汁は具が多彩だし。
せいろに彩りとボリューム豊かに盛られた野菜などたちは圧巻でええと、何種類あったんだろう。
なす、プチトマト、しめじ、ズッキーニ、インゲン、たまねぎ、青梗菜、じゃがいも、かぶ、さといも、厚揚げ、にんじん・・こんな感じ?凄いです。
ポン酢と胡麻だれで気分でつけて頂きました。

ハーブティとデザート。

豆乳のお豆腐にメープルと黒胡麻ときなこがかかってる、と説明を聞いて
味の想像が付かなかったのですが食べてみると美味しい、不思議と調和していました。
バランスが大事よね。

ぼんやり生きてる私に引き換え、着々と人生設計をして歩んでいく友人とのおしゃべりは刺激になり、私も自分のビジョンをしっかりと持たねば、と思わせてくれます。
あっという間にお喋りとランチの時間は過ぎて行き。

セミナー会場のビルのエレベータで先生とご一緒して
間近で拝見してなんて可愛いんだろうっっっ!!と崩れ落ちそうになる。
輝いているのです、後で近況をお伺いしたら大変な過密スケジュールなのに。
エレベータ内でも気さくに話しかけて下さる笑顔も素敵でした。

赤毛のアンの英語セミナーは、アンが学校へ通い始めて
ギルバートから「にんじん、にんじん」とからかわれるあの超・有名シーン。
単なる英語の訳だけでなく、その背景なども解説してくださるので
赤毛のアンファンにはウレシイ限り。
途中紅茶とお茶の休憩を挟んで、ホンワカした気分のまま、これまたあっという間に終り。

私は先ほどのヴェレダへ戻りました。
簡単な問診表と今日使うオイルを選び、Tシャツに着替え施術室へ。
揺らぎが心地よい椅子に身を沈め、デコルデから首のマッサージ。
これはまあまあ・・・時々すじが痛むんじゃないか?と心配になりましたが、頭部分のマッサージに入ると極楽でした!
シャンプーをしてもらう時のあの快感が味わえました。
髪を引っ張ります、と予告されてたのですが、これまた容赦なく引っ張るのでダメな人はダメかも。
イタ気持ちよくて意外と私は好きでした。
肩こりに効く、血行がよくなるオイルを選んだせいか肩から首にかけてポカポカ!
すうっと軽くなった気分でした。
20分2000円という手軽さです。

なんだか全体的にるん♪と云う気持ちでしたので、最後に下着屋さんで散財してみました。ふふふ。