2003/05/17

東京:四谷「Paul」


パリでチェーン展開しているPaulが東京と大阪に出店している噂を聞いていて
なんとかランチをする機会は無いかと窺っていた処
昨日は打ち合わせで外出した時に四谷でお昼の時間ちょっと前になり
同僚と一緒にPaulのレストランへ。

できるだけフランスと同じものを提供しているとあって、
メニューにもユーロ表記がしてあり、
インテリアもフランスの田舎風にまとめてあります。

私はオムレット・コンプレ、900円にカフェ400円。
なんとPaulのパンがお代わり自由なのです。
芥子の実をたっぷりまぶした物や、
数種類の穀物が入ったもの、くるみとレーズンのもの、ライ麦のもの
などなどどれだけ食べたか判りません。
籠にスライスしたパンが盛られてくるのもお洒落です。
程よい塩味、弾力でお食事ととてもよく合います。

オムレツはチーズ、きのこ類、ベーコンが全部入った所謂ミックス。
んもう、これだけのボリュームがありながら、
もっと食べたいと思わせる美味しさです。
キッシュも美味しそうだった。次はキッシュにしよう。
付け合せにポテトかサラダが選べ、後者を選択。

隣にフランス人の親子が食事していて、聞こえてくる会話はフランス語。
益々このレストランのフランス度がアップしていました。

サンドウィッチを買って帰るのもいいなあ。
お気に入りのパン屋さんに追加しました。