2003/03/23

日向夏


かぼちゃと胡麻のパンのトースト、カマンベールチーズ、日向夏、ミルクティ(PGチップス)

BOSSからみんなに、宮崎への出張の折、
食べ方の説明付で日向夏(しかも貴重な種無し)がお土産に配られました。
黄色い皮を出来るだけ薄く剥いて白い処も一緒に食べるのだと。
日向夏ゴーフルなどお菓子では時々頂いてましたが、果物としては初めて。
実際食べてみると、甘くて爽やかな軽い酸味がとても美味しい。

他の柑橘類と違って、白皮がついていても全く支障なく、柔らかく食べられるのです。
どのサイトを検索しても、何故白皮をつけたまま食べるのがいいのかを
完全に納得できる理由が見つかりませんでした。
不思議だ・・・。

連休は、髪を切りに行ったり、東京散歩したり、
派遣仲間のとみぃの結婚式の2次会に繰り出したり、
お彼岸で実家へ行ったり。
何かとお出掛けする際に非常に困ったのが服。
この時期になっても思い切り春物に切り替えられないのがまどろっこしくて。