2002/12/23

クリスマス'02


鶏のスペアリブ風

一年に一回のこの企画、今年の鶏はスペアリブ風です。
まず手羽元は前の日にタレに漬け込んでおくことから。
実際の調理は、天板にクッキングシートを敷いて、鶏を並べ、
その周りにじゃが芋や人参を添えてオーブンで焼くだけです。
お野菜もろともハーブソルトを挽いて。
とても安価で簡単なのだけど、なんとなくご馳走風になるのが嬉しい。
食べるときはなりふり構わず手づかみで骨にかぶり付く勢いで行きましょう!

添えたサラダはキャベツとパプリカの赤を千切りしにし、
フレンチドレッシングとサルタナを混ぜてしばし漬けてマリネに。
既に飲んでるから食べるときにちゃちゃっとお皿に盛るだけのモノって楽でオススメ。
山のようなお野菜もモリモリと頬張り、
健康でこのイベントを楽しめる喜びを実感しました。

鶏を焼いてる間はどうしていたかというと・・

日が暮れたか暮れないかの内に英国王室御用達のシャンパンを開け、
ちょっと前に焼いておいた芥子の実ブレッドをトーストし、
ロンドレの胡椒味と、グースパテをお供に一杯やっていました。
辛口のシャンパンがことのほか美味しくて、
うっかりぐいぐい飲んでしまい、1時間ほど記憶がなくなっていました。。。

欲張りな私は、ガーキンズもスライスして乗っけていっぺん食べます。


クリスマス企画は、
なんだか定点観測をしてこのときはこうだったんだなあと
自分でしみじみと振り返ることが出来るページになってきました。
サイトを作り始めてからの方が、一年一年の積み重ねを強く感じます。
いつも来年のことは判らず、果たして思わぬことが多々起きるのですが、
今年もやっぱり来年のことが全くもって判らない。
未知なくらいな方が面白いよね、きっと。