2002/09/23

東京:麻布十番「CAFE LIFE CAFE」


週末、友人のお墨付きのRelax bodyというサロンでアロマボディコースのトリートメントを受け、至福の1時間を。
調子が悪いわけでも空腹でもないのに途中からお腹が激しくぎゅるるるるる~と鳴り、うわ恥ずかしい~と思って終了後にセラピストの方にそのことを云ったら、「リラックスすると副交感神経が働いて、内臓が活発になるんですよ」とのこと。
リラックスしたことといったらそれはもう。
途中意識不明なこともしばしばでした。
最後にはカモミールティを頂き、カフェを目指しました。

麻布十番で行きたいカフェとして、意見が一致したCAFE LIFE CAFE。
難なく2階の窓側の席に通されました。
もともとは倉庫だったらしいその一軒家の建物は風情がありました。
ミッドセンチュリー系のインテリアは和むより神経が研ぎ澄まされる場合が多く、こうしたまったり系の使い込まれた家具や調度品は落ち着きます。

ぎりぎり15時前だったのでランチを。
私は白身魚のフライ タルタルソースのサンドウィッチ、ジンジャーエールで。
友人は照り焼きチキンのサンドウィッチをアイスティとともにオーダー。
どちらも\1,000。
そのボリュームたるや、2時間半くらいかけて完食できなかったのです、いやはや。
でもすごく美味しかった!
きっと他のメニューも美味しい気がします、ラインナップも豊富でしたし。

プラス \200で選べるデザートは、彼女はパンプディング、私はアフォガード。

エスプレッソをバニラアイスにかけるデザートの、 その名称を知らなかったので
「本日のデザートはパンプディングかアホガートになります」と云われた時に
完全に頭の中で「阿呆ガート」と変換されてしまい
「アホガート?」って聞き返さざるを得ませんでした。
アフォガートなのね…。