2016/12/31

兵庫:姫路「播州骨付鶏 とりいち」


情けないことに夫の実家で体調を崩し、2日目はお墓参りや親戚筋への訪問、病院にお見舞いなどのマスト事項をなんとかこなした後はダウンして横になってしまいました。
翌日は熱も下がり、折角なので少し姫路駅周辺を歩きつつランチをと思ったら、大晦日は案の定お休みのお店が多くて、行く店行く店に振られ続けました。

夫は加古川名物かつめしを食べたいとのことでその線で検索してみたら、駅ビルのお土産屋さんの一角にある地元のお店のフードコート的なところにあることが判りました。
で、念願かなってのかつめし。


勿論私もこのフードコートでうってつけのものを見つけましたよ。それが冒頭の「龍野そうめん」600円。
揖保乃糸ではないのでしょうけど、病み上がりの私にはとても優しいメニューでした。穴子も入っていて名物感が増しています。
もう一つ、夫も知らない播州骨付鶏という新たな名物ができていたようで、こちらは雛鳥880円を夫とシェアしました。

骨付きってワイルドでいいですよねえ。口の周りをベタベタにせざるを得ません。頑張りましたけどどうしてもベタベタになります。でもいいんです。
珍しく!?夫がビールを買ってこないな…と思ったら、ここにはアルコールを置いていないようです。いや置いてなくていいんですけどね。サクッと食べてサクッと席を譲る場にしてほしいので。

しっかりと温まり、あれこれと買い物をして新幹線のホームへ。

今年もあまり近寄れなかった姫路城。
ドローンでちょっと傷つけられたらしいですが、まだその白さを残している内に再訪したいものです。