2016/05/16

クラブハウスサンドウィッチ


クラブハウスサンドウィッチ。
昨年秋頃からずっとクラブハウスサンドウィッチを食べたい気持ちが募っていました。
サンドウィッチは気軽にお店でも食べられますが、クラブハウスとなるとどこでもと云う訳ではないなあと。
ヒルトンお台場でのルームサービスでのクラシッククラブハウスサンドウィッチは、ちょっと違ったので余計に気持ちが向いておりました。

先日、ロイヤルホストでランチをした時に「ああ、これがいわゆるクラブハウスサンドウィッチだよ」と思える感じのものを食べて一安心いたしました。
しかしその後、チューボーですよで作っている過程をじっくり見ていたら、またふつふつと食べたい熱が沸き起こりました。
夫も見ていてその気持ちは同じだったようで、作ることになりました。
チューボーですよに出ていたような豪華なものではなく、もっと簡単なものですけどね。

鶏むね肉はローズマリーやニンニクでしっかりソテーして、そぎ切りにしておきます。
薄焼き卵も焼いておきます。
少し厚めのベーコンはカリカリに焼きます。

トマトとレタスもカットして、全粒粉のイギリスパンはトーストし、マヨネーズやらフレンチマスタードやらスライスチーズやらを接着面に塗ったり置いたり。

さて、組み立てたものの、素敵なピックの在庫がないことに気づき、そのままだと崩れてしまうので爪楊枝を刺す羽目に…ここはぬかりました。

とはいえ、オーソドックスなクラブハウスサンドウィッチを味わうことができました。
また作ろう。
晩御飯ですが、このサンドウィッチだけでも相当なボリュームで、サラダも添えたのですがもう十分でした。

食後は、バラ園のライトアップを初めて見に行きました。

それぞれのバラの中でこの日のベストのコンディションの一輪にスポットライトがそれぞれ当てられているようでした。
月が綺麗だったので一緒に撮りたいと思いましたが、スポットライトを浴びているだけになかなか難しいものですね。