2015/10/15

東京:神保町「おむすびさが」


御飯と味噌汁のシンプルなお昼ごはんを食べたい時にはここに来てます。
見た目には判りませんが、これは梅干し(五代梅)と高菜。
そして豚汁で、600円しないくらいだったかな、忘れてしまいましたが。

豚汁も具沢山でとてもホッとするお昼ごはんです。

三色丼(すじこ・しゃけ・しらす)は690円。


豚汁と小鉢、そして海苔は巻いても千切って散らしてもお好みでとのことで、この自由さもいいなあ。

同僚はアジフライ定食を頼んだ処、ごはんには好きなおむすびの具を一つ選んで乗せて良いと言われて、お得感があると喜んでいました。確かに。

カウンターだけの狭いお店なので、一か八かで引き戸を開けます。
おむすびのテイクアウトをする人も多く、いつか私もそういう利用の仕方もするかなと。

それにしてもおむすびという響きが東京っぽいなあと思ったり。
なんだか上品な響きがするなあ。