2015/08/08

東京:駒込「コウジイガラシ オゥレギューム」


こちらのお店にはもう少し間を詰めてお邪魔したいと思っていたのですが、気が付くと1年経っていました。
夫が予約しといたからと云ってくれ、楽しみにしておりました。

テーブルにつき夫はアウグスビール、私はお店の自家製の梅シロップをソーダで割ったものでまずは乾杯。
梅シロップが美味しくて、2杯目もこれにしてしまいました。
アルコールを飲まない者にもこうしたお楽しみがあるのが嬉しいです。

前菜一つ目は、とうもろこしのスープ。
濃厚なとうもろこしの甘さがフォアグラのアイスクリームやコンソメのジュレ、バルサミコソース、ギリシャの竹炭の塩などといい具合に混ざりあって、マダムの言葉を借りれば「つかみはOKですね」。

2つ目は食べるガスパチョ。

野菜や鯵がモリモリに入っていて、まるでサラダのようです。
程よい酸味で、夏の食欲の落ちるような時にも強い味方になってくれます。

お次は定番の野菜たっぷりミネストローネ。

豆がゴロゴロと入ってるのもいいし、チーズのお煎餅とセルバチコを味わうお楽しみの一皿です。

魚料理は、えっと魚の種類をど忘れしました。

何故ならオクラの印象が強くて。
2種類の島オクラ、繊維がかなり強かったのですが、粘り気もすごく風味も強かったです。
八角で煮た夕顔もジューシーでした。
モロッコインゲンや福耳とうがらしなど、緑が爽やかな夏に相応しいお料理でした。

お肉料理のデフォルトはもち豚でしたが、プラスαで仔羊にしました。

こんなにほろほろと崩れる仔羊は初めてかも。
お野菜も根菜類から果菜類など賑やかで、食感も風合いも様々で実に美味しく楽しいです。

夫は同じくプラスαでミスジのローストにしていました。
焼き肉でないお店で中々出会うことがなく、フレンチでいただくのもまた格別です。

デザートは二人分を盛り合わせ。

結婚記念日だったので、マダムが可愛らしいメッセージをおいしいチョコレートで書いて下さいました。
ありがとうございます。
夏の定番、ナスのクリームブリュレ、かぼちゃのプリン、パプリカのコンポートなどなど、楽しいデザートも盛り合わせでした。
今年もプレートとともにツーショット写真を撮っていただきました。
あまり2人で写真を撮らないので若干照れくさい…。

最後の飲み物は、2人共ジンジャーピーチティ。

私はホットで、夫はアイスで。
自家製ヌガーが添えられるのも嬉しいです。

そんな訳で今年も無事にこの日を迎えることができました。