2014/03/22

東京:大塚「えんどう豆」


大塚で所用がある夫が「大塚には渋い喫茶店が結構あったので、モーニングに行こう」と提案してくれて、急遽朝から出掛けて朝ごはんを食べてきました。

いくつかある中で何となく見るからに渋そうな店構えのこちらの喫茶店へ。
すでに近所の方たちの寄り合いが盛り上がっている様子で、地元に根付いている感もいいねえと席に落ち着きます。
おしぼりとお冷を持ってきてくれるご主人が「いらっしゃいませ」でなく「おはようございます」というのも何だかいいなあ。
トーストとゆで玉子とコーヒーのモーニング450円もありますが、目に止まった色々なメニューも気になって、私はチーズトースト、夫はツナトーストでそれぞれコーヒーを頼むことにしました。

CDの在庫も豊富で、ビートルズのポスターなどが貼られていたりしていることから、洋楽が好きなご主人なのかなあと。
かと思えばろうそくの人形たちがたくさん並んでいたり、勝手にこちらは奥様の趣味かしらと推測したり。
その中に、かつて実家にあった花瓶と色違いで同じ仕様のものがあったので、私の中では「実家感」がとても高まったりも。

まずはコーヒーとゆで卵がやって来ました。
お、ゆで卵も付くんだ、とまだ状況を把握していなかったので、より嬉しさが増しました。
そしてしばらくしてやってきたのは冒頭の写真…サンドウィッチだったんだ!と。

道理で「焼いた方ですね」とご主人が確認したわけです。
メニューの左には「ハムサンド、タマゴサンド…」と並んでいて、右側には「ハムトースト、タマゴトースト…」と並んでいて、トーストと云うのはトーストサンドだったのですね。

想定以上のものが出てきて、朝食が一層ハッピーに。
だってこんな分厚いチーズがサンドされているのですよ。
波型のナイフでカットしたプロセスチーズときゅうり、そして上側のパンがトーストされていて、大満足です。

カットされているので、夫のツナトーストと一切れ交換しました。
その夫のツナトースト。

こちらもツナがたっぷりとサンドされていて、ツナ好きの夫も喜んでおりました。

どちらも650円。
ほくほくした気分で、お店を後にしてぶらぶらし、六義園に立ち寄り、しだれ桜の様子を確認してきました。

まだまだですね。

その後、色々と歩いて、結局13kmの散歩となり、充実の朝散歩でした。