2014/02/18

東京:人形町「Union Sand Yard」


先日、午前中の仕事に同行の別の部署の女性とランチして会社に戻ろうということになり、私をぜひ連れて行きたいお店があると訪れたのがこちらのお店Union Sand Yard(ユニオンサンドヤード)。
店名を見て、そういえば別の部署の女性からもお勧めされていたのはこのお店だったんだとつながり、ついにお邪魔出来て嬉しいなあと食べる前からワクワクしていました。

日替わりのメニューから選んだのはハツのグリルのランチ1,200円。
三浦野菜を売りにしているお店の本気は、座ってすぐ感じられました。

日替わりの自家製の野菜ジュースはお水代わりでおかわり自由なのです。
この日は蕪と蕪の葉とマンゴーとか後なんでしたっけ。
美味しいのは云うまでもありません。
右に見えているのは烏龍茶。
できるだけ温かい飲み物を飲むことにしているので、とてもありがたかったです。
実際、こちらをお代わりしておりました。

前菜は4種、にんじんのラペと青物は大体定番で、後は色々変わるらしいです。
左上のポテトサラダも、右下のクスクスのマリネも、どちらも美味しい。
もう美味しいしか書いていませんが、美味しいので仕方ありません。

メインのハツは調度良い焼き加減でとても満足感があります。
ハツのグリルをランチで食べるなんて本当に珍しいと思いますが、自信があるから出せるんだろうなと。
紅芯大根だったかな、ソースのアクセントも良かったです。
彩りも可愛い。
左上には自家製のフォカッチャ2種。
ハーブが入っていてこれまた「おっ」と思わせる味でした。

どれもこれも丁寧な印象で、なおかつ見た目にもグッと来るし、食べても勿論美味しいし。
これは通いたいけどお昼の時間には無理そうだなあ。
この日みたいなスケジュールを組んで寄りたいくらい。

少しだけ時間に余裕があったので、色々お喋りしていたら、ちょっとオマケをしてくださいましたよ。

彼女がすっかり常連さんだったからですね。
部の宴会にも使ったことがあるらしく、彼女の部は女性が多いから可能なんだなあ、羨ましい。

柚子のシャーベットでスッキリと締めくくり。
美味しいものをしっかりと収めた身体でその日の午後の仕事も頑張りましたよ。