2013/02/03

スペルト小麦のワッフル


スペルト小麦で焼いたワッフルです。
Bread + Lifeのスペルト小麦のワッフル記事に記載したレシピで焼いています。
愛用のビタントニオ ワッフルメーカーは、焼いた後にきちんと掃除をするので、会社に行く朝には焼けません。 これは会社に行かない朝の朝食です。
7,8枚焼けるので、残りはラップして冷凍にして、しばらくは気軽に食べられます。

バターはよつ葉のバター。
いわゆる四角の形じゃなくて、マーガリンの容器みたいな感じにはいったもので、トーストに塗ったりする時などとても使いやすいのです。
乳製品だなと実感できる美味しさ。
手頃な値段で楽しめる中で美味しいのですが、このパッケージはOisixでひょっこり見つけて購入したもの。
その後見掛けない気がするのですが、見落としてるかなあ。

はちみつは、アカシア。
クセが少ないので、風味の強いスペルト小麦のワッフルをダイレクトに味わえます。

サラダはセロリ、キャベツ、人参を赤ワインビネガー、エクストラヴァージンオリーブオイル、塩胡椒で和えた簡単なもの。
スーパースキムミルクヨーグルトには、みかんをトッピング。
そしてイングリッシュブレックファストを濃く淹れて作るミルクティー。


週末は、4月下旬の暑さになったり、そんな暑さの中汗をかきながらのパン教室だったり。
懸案だったコートの購入もセールにてやっとこさ果たしました。

1着目はここ2年着倒しているダウンコードの劣化が激しいので、これに代わるもの。
今のよりとても軽いものが買えました。
お店の方と話していて、今のダウンももしかしたらしっかりしたクリーニング屋さんにお願いするとどうにかなるのかなあ、とも思いました。
もし蘇ったら、痛みを少なくするために交互に着たりしてもいいですし。

もう一着、黒のオーソドックスな黒のウールのコートも要るなあと思いつつ数年が過ぎてしまっていまして。
そちらもそこそこのものが一軒目のお店で、いい感じで購入できたのがよかったです。

今年の冬がひときわ寒いので、シーズン初めから手放せなかった腹巻も大事ですが、腿まで覆うしっかりコートもずっと重宝していました。
オペ後の身体は冷えやすいとアドバイスいただき、どんな寒い冬でも今まで腰回りがこんなに冷えたことはなかったと感じているので、納得して一層温めることに心を砕いていこうと思っています。
この冬、2回しかアイスクリームを食べてないのは、やっぱり例年の冬とは身体や嗜好が変わったのかなと自覚してます。
みなさまも引き続き温かくお過ごしくださいね。