2012/12/30

九条葱とベーコンのペペロンチーノ


嵐の明日に架ける旅が本当に素晴らしい内容でした。
京野菜を守る女子高生の取り組みを潤くんが取材する回は、特に自分の関心が高い内容だったこともあってとても感動しました。
で、早速次のOisixの注文で、九条葱を注文した次第です。

年末の家事の合間のランチは、この九条ネギと先日購入した小樽の桜いぶしベーコンでペペロンチーノにしました。
九条ネギはぬめりがあるので、しっかりと焦げ目がつくまで焼きつけて。
塩胡椒で仕上げ、食べる前にさらに黒胡椒を。

ネギはやっぱり青い方がなんとなく懐かしいというか馴染むというか。
だけど九条ネギは両方のいいところがあるような気もします。
これから伝統野菜もどんどん購入して、生産者さんの支えになるようにしたいなと思います。

この食器はしばしば思い出したように使っている、ミスタードーナツの景品です。
昔々、1997/12/06の記事でアップしているのが最初かも。
この頃の景品が好きで、よく食べていました。

もうポットもカップも割れてしまい、ソーサーと大皿2枚ずつしか残っていません。
デザインが可愛いので、大事に使う所存です。
可愛い、好きだ、という感性だけですので、景品かどうかは気にしません。
逆に欲しくなるような景品が、ここに限らず最近は見当たらないのが淋しいくらい…。

ちなみにジュースは、NIPPON やさいグルメの旅というもの。

普段なかなか腰を据えて片付ける時間がない夫をけしかけて、クローゼットと机周りの仕分けをしてもらいました。
ゴミ袋一袋分出ましたよ。
来年の収集日が今から待ち遠しいです。
ソフトやマンガ類は、売りに行ったら5000円になったとかで、今夜の鍋にカニも追加できると購入して帰ってきました。
お蔭でル・クルーゼ ココットロンドで作るキムチ鍋に深みが出ました。
アサリや豚肉、野菜やキノコ類だけでも十分に美味しいとは思いますが、お片付けした分のご褒美がプラスアルファでより美味しくなりました。

〆のうどんは溶き卵と一緒に、カニのほぐし身でカニうどんに仕立てることができました。

ふう…正月を待たずして、順調に恰幅がよくなってきました…危険!