2012/12/22

東京:長原「本牧亭。」


夫の知人ご夫婦がいつも行くけどなかなか予約の取りづらい焼肉屋さんの予約がふと4人分取れたとのことで、声を掛けていただき夫婦でご一緒させて貰いました。

そんなにお肉は食べられないし焼肉には滅多に行かないのですが、こちらのお肉の脂の質が良いのか、思いのほかたくさん食べて楽しんできました。
お野菜も美味しいし、美しかったです。
私は肉の部位に大変無頓着で、こだわりがなく、どれだどれだかよく判らず食べてます。
なので、コメントは控えめに写真を羅列するページとなりました。

冒頭の写真の左側のみついもは時間が掛かるため最初から網の上に乗っています。

キムチは結構甘くて深みがありました。


右奥の白いのはスタミナねぎで、お肉に乗せて巻いて食べると美味しかったです。


三浦大根を使った大根サラダ。

さっぱりさせてくれます。

野菜盛りの美しさに感動してしまいます。


焼くと甘みが増し、ジューシーさも相まって素晴らしい。


冒頭の写真で出ていたみついももバターと共にいい具合に火が通ってきました。

バターの塩気よりもさつま芋の甘さの方が抜きんでるってすごいなあ。

さっと炙って醤油わさびにしてごはんを巻くとか。

ちなみにごはんもとてもおいしくて、都合ごはん中を一杯分食べたことになりました。
後で占める炭水化物が決まっているというのに…。
でもおいしいお肉をごはんで受けたいですしね。

ホルモン好きの夫のリクエストで盛り合わせ。

とても甘みがありました。

ビールを飲んでいた夫が目ざとく見つけた、自家製フルーツボール。

グレープフルーツ、レモン、オレンジをウィスキーに付け込んだものをソーダで割ったものだそう。
この美味しさ、ジャスミンティーを飲んでいた私もちょくちょく手を伸ばしました。
相当長い間付け込んでいるみたいです。
かんきつの爽やかさがしゅわっと味わえます。

ウルテ。

牛の気管だそうで、細かく包丁が入ってコリコリした食感で面白い。
今回初めて食べて知りました。

手前は、赤身の焼きしゃぶ。

さっと炙って、わさび醤油にレモンを絞り、ご飯に乗せてサンチュで巻くと最高です。
此処まで来て相当満腹になっているのにもかかわらず、この焼きしゃぶはさらっと食べられるのがすごい。
一人前を一人で食べられそうな勢い。

お待ちかねの〆は、牛テールラーメン。

2人分を4人に分けて出していただきました。
牛テールスープが絶品です。
黒胡椒を挽いて。

お店の方のホスピタリティが素晴らしく、網をまめに変えてくれるは、焼き方をさりげなく教えてくれるはで、とても美味しく楽しくいただくことができました。
本当に幸せな焼肉のお時間でした。

最後はアイスクリームも一人1本、しかも選択肢もかなりある中からあって、私はコーンにしました。

しっかり凍ってたので、焼き網で炙っている処です。
デザートがデフォルトでついてるなんて、これも嬉しいポイント。

大満足でお店を後にしました。
こういう焼肉ならまた行きたいな。