2012/12/12

東京:人形町「谷や」


夏の暑いころに恐らく行ったはずのこちらのお店、すっかりアップしそびれていました。
年内ならまだなんとなくいいと思う勝手な理屈で本日アップすることにしました。

しばしばメディアにも登場しているので、近くに出入りする私としても行きたいなと思っていて、やっとそのチャンスが。
午後一の打ち合わせに行くために少し早めに会社を出て、ランチをすることにしたのです。
同僚はすでに来たことがあるらしく、「ちくわの磯部揚げが絶品です」とのこと。
ならば、それを食べる前提でうどんを選ぼうかな。

という訳で、揚げ物にさっぱりとさせてくれそうなぶっかけの梅おろし750円にしましたよ。
ご推薦のちくわの磯部揚げの評価は本当でした。
実はあまり思い入れが今までなかった食べ物なのですが、これは「ちくわは魚のすり身である」ということを思い出させてくれる一品。
海のものだから青のりたくさんまとった衣との相性も良い訳です。

麺のコシがまた素晴らしい。
うっかりすると噛み切らずにのどを通りそうになるほどののど越しのよさ。
あ、私はちゃんと咀嚼したいのでそのままは飲み込みませんよ。

気温や湿度によって配分を変えているらしく、本当にうどんのご機嫌がよく判る店主なのだなあと思いました。

我ながらいい感じのランチになったなあ。

今の時期なら、かけか釜揚げがいいな。