2012/12/01

ハニーチーズトースト


先日棚からぼた餅的にパンを頂き、ラッキーな朝食。
いわゆる袋入りのパンは買わないので、いい機会でした。
小さなテーブルロールにマヨネーズとベーコンが入っていたりして、なるほどそういうのを包むのもありだなあと。

もちふわのパンは、チーズをたっぷり掛けてトーストし、はちみつを垂らしました。
クワトロフォルマッジョのイメージで、甘いのとしょっぱいのとの組み合わせは魅惑的です。

お皿の上に一緒に乗っている細長い小ぶりの柿は、渋柿。
夫の実家で生っていたもので、室内に放置しておくと自然に中身がトロトロになり甘くなります。
そのヘタを捻って取り除き、スプーンでそのとろりとした果肉をすくって食べると、極上の和菓子のような風合いに。

私はそもそも柿があまり好きではありませんでした。
干し柿だけが妙に大好きでしたが。
その次に、しゃきしゃきの柿ならまあよかろうと云う感じに。
夫の実家から柿を送って貰って、フレッシュジュースを作るようになってからは、そのまったりとした口当たりの虜になりました。

そして次の段階では、この超完熟柿の美味しさにも開眼した次第です。
渋柿でなくても完熟したら同じようにヘタを取って、スプーンでとろとろのをすくえばOK。
先日同僚が腐ったと思って捨ててしまったという話を聞いて、「それはとてもおいしいから」と熱弁をふるってしまいました。

あまりにとろとろなので、最近はプレーンなヨーグルトにソース代わりとしてかけています。
マーブル上に混ざるか混ざらないかを楽しむために、フレッシュジュースを作るのではなくソースとして楽しんでいます。

今日の外出では収穫があったので何かとよかったな。
土日は夫がリハビリと称して、またほかの用事もあるのでせっせと一緒に歩いています。
微妙な身体の変化により注意をするようになりました。
シルクのレディース腹巻も買い足して、温めて保護して歩くことに努めてますよ。