2012/07/30

東京:御茶ノ水 山の上ホテル「 コーヒーパーラー ヒルトップ」


先週のある日、この辺りで所用があり、お昼過ぎで結構長引いて、ランチタイム終了間際ギリギリにこちらのパーラーへ。

山の上ホテルにはずっと泊まってみたいと思いつつ、タイミングを掴めないでいます。
せめて天ぷらを食べに行きたいと思いつつ、以下同文。
で、思い立ったが吉日という訳ではないけど、パーラーならさらっと一人で行けるので駆け込んだ次第です。

このホテルは、昭和12年に建てられた後、戦時中は海軍、戦後はアメリカ軍の手に渡り、
更に日本人に戻されて、ホテルとして経営されているもの。
作家や文化人に愛されたということでも有名なホテルです。
こう見えても私も10代までは文学少女だったので、何だかこういう雰囲気にも憧れが強いのでした。

パーラーも昭和の趣を色濃く残しており、椅子なども長く使い込まれたのがよく判ります。
テーブルトップはガラス製で、レトロなレースが掛かっており、視線を上に移すと、クラシカルなシャンデリア。

そこで頂くのは、英国風サンドウィッチですよ。
ローストビーフ、スモークサーモン、卵サラダというオーソドックスなフィリングなだけに、質の良い美味しさが伝わります。
特にスモークサーモンなんて、トマトかと思ってたくらいの分厚さ、食べてみるとスモーキーな香りも強くて好みです。

ピクルスが隠れるほど、どっさりのポテトチップスが添えられています。

食後にかき氷でも食べようと思ってたのに、かなり満腹になりました。
ストロングコーヒーのかき氷にとても惹かれたのですよ。
名物のアップルパイもいいのだけどね。

お供は、オリジナルティー。
ストレートでもいいけど、最後の方はミルクを加え、コクを楽しみます。

打ち合わせをしているようなグループが殆どで、
こういう処でランチミーティングなんかすると、素晴らしいアイディアも浮かびそうな、そんな勝手なイメージに包まれてしまう空間でした。

ディナーでは、天ぷら山の上の天丼などを「お取り寄せ」できるらしく、なんという便利なパーラーなのでしょう。
これなら夫がカレーライスを、私は天丼を、なんて利用が出来るではないですか。
次はどんなタイミングで行けるか、楽しみです。