2012/06/13

ツオップのパンで


先日、夫がツオップのパンをたくさん買ってきてくれました
神戸のサ・マーシュもそうですが、私が行きたいと思ってるパン屋さんへ行ってるのがウラヤマシイ。

この日の朝食は、バゲットはチーズを乗せてトーストに。
カリッと焼くととてもクリスピーで軽快で美味しい。

食パンはサワークリームとパストラミビーフ、キャベツの千切りのサンドウィッチ。
ザットリとした食感のクラムがパンチの効いたハムと合いますねえ。


週末のパン教室に向けて色々準備していますが、
なんと16日のワクワク学校に登校できることになりました。
大変ありがたいことにTwitterのフォロワーさんに譲っていただけたのです。
嵐ファンの優しさに涙している今日この頃…。

ただこの日は終日パン教室。
特に午後は同じく嵐ファンの皆様とご一緒なので、
迅速に終了する必要があるなということで、
何度もシミュレーションを行い、効率化を図ろうと思っています。

その準備の一環で、スーパーへ一品だけ買足しに行ったときのこと。
平日午後のゆったりした時間帯、レジに並びました。
私の前には、いよいよ次にレジの番になる年配の男性がいましたが、
くるっと振り返って私の方をじろじろ見ていました。(と最初は感じました)

ちょっと身構えてしまったのですが、
すぐに笑顔で「どうぞ先に」と譲ってくれるではないですか。
ぱっと見たところ、その男性のカゴにもさほどの量ではないし、
私も急いでる訳ではないので「いえいえ、大丈夫ですよ」とお断りしたのですが
こちらが上新粉一袋だけひょいと持っているのを見て
「いえいえどうぞどうぞ」「いえいえそんな」とやや譲り合って、
ご好意に甘えてしまいました。

いや~なんだか心が温かくなると共に、普段の自分を反省してしまいました。
レジの列なんて、まるでゲームのように、どこが一番早く進みそうかななどと見定めたりします。
でも、こんな風に譲ってもらうことがあると、
そんな普段の自分の行動や気持ちを反省してしまいました。

状況に応じてそういうことが私もできるようになろうっと。