2012/04/01

クレソンと生しらすのパスタ


富士吉田の道の駅で、夫が新鮮なクレソンの束を買ってきてくれました。
あ、こんな勢いのある売り物のクレソンは初めてで、しかもお値段もありがたい感じで。

クレソンといえば、牛肉料理の付け合せでアクセントや毒消しとして添えものの印象が強いですが、
洗って少しかじってみたら、その甘味に吃驚。
これは生でどっさり食べたいと思い、色々と使って楽しむことに。

日曜のお昼ごはんには、パスタにしてみました。
柔らかい葉っぱ部分をお皿にひとつかみこんもり敷いておきます。

茎の部分は、人参と一緒に、唐辛子やニンニクで香りを出したオリーブオイルでさっと炒め
軽く醤油を加えます。

生シラスはOisixで購入していたお刺身でも食べられるレベルのもの。
でもこの機会に使っちゃおうと思い立ち、冷凍なので、パスタの茹であがり直前に一緒に入れて
引き上げました。
パスタは硬めに。

炒めた具材とパスタ、シラスを軽く混ぜ合わせて、お皿のクレソンの上に盛付けます。
最後に、黒胡椒を挽いて出来上がり

クレソンの量が多かったので、思った以上に沢山出来ましたが、
結局はクレソンの量が多いだけなので、食べてしまいましたけどね。

クレソンにパスタの熱で優しく火が通ると、甘味が増します。
こんなにクレソンをたっぷり堪能できたのが感激です。
水が綺麗な場所なのだなあと、
多分私はまだ行ったことがない富士吉田に憧れすら抱いてしまいました。

余談ですがこのお皿は、景品で貰った物ですが、
未だに好きで愛用しています。
ポットもカップも殆ど割れてしまいましたが、
この大皿2枚と、中皿(ソーサーだったかな)2枚はこれからも大事に使っていきたいな。