2012/02/06

にいがた菊鮭寿し


この土日は、Perfumeのライブの遠征で新潟へ一泊してきました。
その事は、国内旅行のコンテンツに書くとして、今朝は早速そのお土産で朝食です。

試食品があり、まずその見た目でぐっと惹かれました。
この食用菊の紫の鮮やかなこと。
押し寿司も大好物なので、一口食べてみてこれはもう購入しないわけには行かなくなりました。
写真では5貫ですが、10貫で1200円。

菊のきゅっとした独特の食感と、脂が乗り旨味のつまった鮭と、
もっちりしたごはんとで新潟のご馳走が一度に味わえます。
昆布が薄く挟まっているのもまたよい。

新潟も菊を食す文化があるのだそうですね。
長岡産「おもいのほか」、白根産「かきのもと」を使用しているそうです。

寿司めしには米どころ新潟のこしいぶきが使われていて、
コシヒカリに引けをとらない、平成13年から一般的に栽培されている品種だとか。

銀鮭は佐渡の地域活性化にも貢献のみならず、
宮城県石巻市産の稚魚を佐渡で養殖した「銀鮭」を使用し、
震災復興支援の思いも込めて、ホテルニューオータニ長岡で開発された商品で
昨年11月1日に発売されたそうです。

手土産にも華やかでいいし、お茶請けにしてもよさそう。
家では半分ずつ、野菜たっぷりのお味噌汁で軽い朝食にしてみました。

冷凍保存しても大丈夫なのかなあ。
もう少し買ってきてもよかったなあと心残りではあります。