2011/07/09

東京:池袋「RACINES(ラシーヌ) Boulangerie&Bistro」


パンがご縁でお友達になったYちゃんと初ランチ。
しかもこんな素敵なお店を紹介してくれましたよ。
池袋って何処に行ったらいいのかサッパリ判らなかったのですが、
ジュンク堂裏のあたりはなかなか粒揃いのお店がたくさんあるということが判りました。
こちらもそのひとつ。
住所がジュンク堂ビルB1となっていますが、其処にはなく、
まるで罠のように裏手にあるのでご注意を。
私はしっかり迷って少し遅刻…ごめんなさい。

緑がたくさんのエクステリアを抜けると、パンのいい香りがするパン屋さん部分がまずお目見え。
その奥にオープンキッチンのビストロ部分があり、ナチュラルなインテリアに
いきなり寛いだ気分になれます。
テーブルにはバターとジャムが瓶詰めで置かれていて、
パンを食べるのがオーダーする前から待ち遠しくなります。

私は無農薬サラダランチで、若鶏もも肉のレムナードを選択。
Yちゃんはニョッキのランチで、二人ともパンと本日のスープ付きで1,500円。

やがて運ばれてきたパンのプレート。

もう心鷲掴みです!

本日のスープはミネストローネ。

これがまた量がたっぷりで具沢山で、熱々で、お腹がホッとします。
暑い時でも熱いスープは胃がしゃっきりしますね。

そしてメインのサラダは冒頭のボリューム。
鶏肉も酸味が効いた味付けで、食が進みます。
ハムもありますが、野菜と動物性タンパク質のバランスは私好み。
スクランブルエッグも優しい口当たりながらも塩味が効いていて、
サラダのアクセントになります。
茄子は、生とグリルの2種類が楽しめたり、
冬瓜があったりと、食感があれこれと豊かで楽しい気分で食べられます。

パンはミニタルトを当然デザート代わりにして。
とてもサクサクに焼きあがっていて、酸味のあるクリームとノ兼ね合いも素敵。

Yちゃんとのお話は何かと尽きることなく、11時に入ったものの予約がないと
12時半までのランチとなるため、お店を変えてひたすら喋り続けておりましたよ。

ベテランの嵐ファンであるYちゃんから、今日もたくさんのことを学びましたしね。

ラシーヌはアフタヌーンティーも気になるし、夜も気になるし。
また行かなくちゃ。