2011/06/27

明太フランス


先日、明太フランスを焼いたので、翌日はそれで朝ごはん。
焼き始めが遅く、夜も10時半過ぎてたでしょうか。
晩ごはんを食べそびれていたので、遅い時間だなと承知しつつも、
1本食べてしまいました。
まだほんのり温かいパンを食べるのって、たまりません。

3本ってあっという間になくなるので、今度は倍量焼いてもいいかな。

野菜炒めとか、チーズとか、きゅうりの味噌マヨネーズ和えとか、
山形のサクランボとか。

嵐が、アーティスト史上初となるDVD総売り上げ500万枚突破の快挙を達成してしまいました。
すごいですねえ。
日々、ARASHI 10-11TOUR“Scene"~君と僕の見ている風景~ DOME+ 【初回限定盤】
見てはテンションをあげたり、しみじみしたり、「これはどういうこと?」と思ったり、
色々と思いに耽ったりしております。

そんな折、大変嬉しいことに、貴重な過去の映像を見せて頂ける機会に恵まれ、
さらにしみじみとした気持ちでおります。

ALL or NOTHING [DVD] を観て初めて、
ALL or NOTHINGという曲の成り立ちを知りました。
正直、ピンとは来ていない曲だったのですが、
こうしてお互いに今後の嵐がレベルアップするために話し合い、
各自チャレンジをしていくというドキュメンタリー部分が入っていまして。

今にして思えば、これがなかなかのターニングポイントになっていたりするのですよ。
相葉さんの気胸のスゴイ瞬間が収められていたりしますし。
何よりも、翔くんって昔からガンガンラップをやっていた訳ではないのか!
使用前・使用後みたいなそんな様子がばっちりと見届けることができるのです。

2002年頃の新しい嵐への最初のステップを見ることができる、
嵐の歴史を紐解く貴重な記録だと思いました。
私のようにここ数年でファンになった方には、是非観て欲しい作品でした。

コンサートの様子もダイジェストで収録されていますが、
ダンスもお手振りも表情もなんだか固い印象が私にはあります。
積み重ねがあっての、今の脂の乗った感じなんだなあ。

私も自分を振り返ってあの時が…と思ったりもするものですが、
こんなに判りやすいものがバッチリおさまってるってすごい。

もうひとつは、素顔2
ジャニーズJr.の黄金期を過ごした嵐さん達ですが、TV番組がある処までは知っていましたが
まさかこんなコンサート+イメージビデオのような作品集が、
3本も出ていたとは知りませんでした。
タッキーを頂点にして、私でも判るような後にデビューするような子達がたくさん居る・・・。
錦戸くんがお子様であまりにも可愛らしい…。
翔くんはとんがってるし、にのあいは歴史があるんだなあと思わずに居られないし、
色々と遡りたい人にお勧めであります。
基礎知識があまりなかったので、不明な点も多く、これ観ながら誰か解説してほしいくらいです。
いくつかはTwitterでその謎を解くこともできましたけどね。

どちらもその当時から見出せる人って本当に見る目があって素晴らしいです。
私はどうにもこうにも節穴ですな、ふふふ。