2010/06/18

モロヘイヤの卵かけごはん


八百屋さんでモロヘイヤを見かけると、夫の目の色が変わります。
買わずにはいられないらしいです。
少なからず私も嫌いなわけではないけど、夫の方はこんなに愛してやまないといった風情で
目の色が変わるのかが面白いなあと思っています。

疲労回復にも良い成分がたくさん含まれているので、
無意識に嗅ぎ取って欲しているのかなあ。
いや、単純に味とか食感とかを好んでいそうだな。

葉っぱを摘んで、さっと茹でて刻むととろとろの粘り成分が出てきます。
先日は卵かけごはんに加えてみました。
卵部分が全く見えませんが、卵はすでにごはんの間に潜んでいます。
私の好みの作り方で、ご飯にくぼみを作り、
そこへすでに溶いた卵にだし醤油を加えて混ぜたものを注ぎ、
少量のごはんで蓋をする形にして蒸らすような具合にするのです。

で、この日はモロヘイヤとおかかをたっぷり乗せて。
卵のとろとろとモロヘイヤのネバネバとがよく絡んで、美味しかったです。

かぶの味噌汁と、二十日ダイコンの浅漬け。
平日の朝という言い訳ですが、簡単なものです。

和食の時にはジュースがそぐわないので、
ヨーグルトにカットしたタカミメロンとはちみつを。

卵かけごはんのことをTKGと略すとか略さないとか。
何がなんだか、美味しそうな雰囲気がまるで無く無機質な印象をうけてしまいます。

でも、B.L.Tって聞くと、肉厚でジューシーで表面はカリカリのベーコン、
瑞々しく豊かなパリッとしたレタス、真っ赤なトマトとありありと思い浮かべられるのです。
これも、慣れなんでしょうか。
書いていたら、B.L.Tサンドを食べたくなってきました。