2010/02/28

ローズマリー風味の春オムレツ


以前、Bread+Lifeでアップしたローズマリー風味の春オムレツ
断面図の写真を撮ってたので、こっちに載せてしまうことにしました。
レシピは、上記のパンブログにて記載しております。

パンは、カラスミフランス
ジュースは、伊予柑+レモン+りんご+ヨーグルトのフレッシュジュースです。

風邪引く直前に、なんだか無性にパンを貪りたくなってしまい、
焼いたパン殆ど食べ尽くしてしまいました。
何かの予兆だったんでしょうか。
とにかく、明日からまたちゃんと焼かなくちゃ。

今日は、のびのびになっていたゴールデンスランバーを観にいくことがやっとできました。
ぼやぼやして堺雅人さん映画を数本見逃しているので、今度こそ!と意気込んで。
(ここ最近見逃したのはクヒオ大佐 とか、ジェネラル・ルージュの凱旋 とかラッシュライフ とか。
あ、今amazonでラッシュライフが激しく評価の低いことに驚きました・・・逆に気になる )

結果、行ってよかったです。
2時間超えていましたが、ひとつひとつのエピソードに全く無駄がなく、
ニヤッとさせて、ほろっとさせて、ハラハラさせて、色んな気持ちにさせてくれます。

堺さんってホントいい俳優さんだなあ。
青柳をやるために居るような、・・・と毎回どの役をやってもそんな風に思ってしまいます。

ニノの好きな竹内結子さんは、どうしていつまでも若々しく綺麗なんでしょうか。
学生時代の憧れの女性がいつまでもあんなふうに美しいままで居てほしいという男性の願望を
そのまま体現しているような存在なのではないでしょうか。

他の出演している人たちもそれぞれみんなよかったです。
堺さんの涙ぐむシーン全てのみならず、伊東四朗さんにはみんな泣かされた筈。
愛したくなるような人たちもたくさん。
大学時代の仲間たち(彼女含む)も、ロックな先輩も、かなり気が利くななみちゃんも、
轟屋父子も、 「死んじゃう」アイドルも、なんで入院してるのか謎の「おじいさん」も。

殺人犯ながらキルオくんには切ない思いで一杯です。
夫の知人に似てるなと個人的には思ってしまいました。
不思議な能力持っていたり、人脈を色々と持っていたり、飄々としていたり。
もうホントここだけの話ですけど。
びっくりした?ってついつい使いたくなってしまいます。

色々と確かめたいことがたくさんあるので、できればもう一回観たい。
伏線をたくさん散りばめて、きちんと回収しているのが気持ちよいです。
原作ゴールデンスランバー も読んで理解も深めたい。

それにしてもあれこれと夫と感想を云い合う中で、
我が家だけの裏テーマが結論付けられました。
すなわちギャンブルは怖い・・ということになりました。
まあ、本気を出した国家権力も凄いけどねえ。
いやはや。
とにかく生きていなくちゃね、どんな顔でもね。
例の顔、誰だっけと思ったら、クライマーズ・ハイ での遊軍記者コンビの相方さんでしたね。
もうホントに細々と楽しいったら、この映画は。