2010/02/08

1月頃のお弁当


12月後半や、今月に入ってからのもありますが、思い立ったらお弁当ページ。
もう少し切りよく・・・と思ってたらずるずるとやらない気がしたので。

全て自分のお弁当です。
夫は相変わらず多忙で自席でささっと食べるためのおにぎりだけ。
私が以前チャレンジの方向を間違えたおにぎりを作りすぎたため、
かなり私にしてはオーソドックス寄りのおにぎりを日替わりで作っています。
申し訳ない。

さて冒頭のは、はなっこリーを茹でたのを、同じくさっと茹でたロースハムで巻いただけ。
ハムは豚肉と塩と砂糖と香辛料で作られたものがいいです、味が違います。
真ん中のは、にんじんの卵炒め。

あとは夫が欲しいと云って紅生姜を買ったものの使い切れないでいたので、
かぶを同じような大きさにカットして漬けてみました。
ハムのことと矛盾しているかもしれません。
勿論、色んなリスクを0に近づけるスタンスですが
0ではないことも承知しているから、よいのです。

豚のしょうが焼き弁当。

のり弁風に、ご飯の上に海苔を2cm四方程度にカットして敷き詰め、
タレごとしょうが焼きを乗せます。

ここにもかぶ&紅生姜があります。
にんじんとかチンゲンサイとかを炒めています。

こっちはチャーハン弁当。

引き続き紅生姜と、恐らくキャベツを合わせているみたいです。
記憶が薄いため、見た目で判断。
右手前の丸い奴は、シナモン風味の茶巾です。
マッシュしてシナモンをまぶしたさつまいもをラップできゅっと絞ってます。
さつまいも自体がねっとりと甘いので、一切甘味を入れていません。
この時もう少し時間があれば、レーズンをぬるま湯で戻して水気を切ったものも
和えたかっただろうなあと何となく思い出しました。

チャーハンには卵やピーマンやにんじん。
嫁ぎ先では欠かさないハリマの焼き肉のタレで味付けをしています。

これは確か、ローストチキンの残りのチキンをほぐしておいたのを使ったチャーハンかと。

卵を薄く焼いてカバーして、オムライス風に。
キャベツとセロリのサラダを添えています。

同じオムライス風でもこちらは中にケチャップで炒めたチャーハンが入ってます。

断面図を撮ればよかったですねえ。
卵焼きには何と、ただ今我が家で絶賛使用中のカラスミパウダーが入ってます。
こういう使い方もありです。

最後は黒米のお弁当。

炊飯器を買い換えて、格段にご飯がおいしくなりました。
もっちりふっくらとして、粒がしっかりしていて。
白米以外のこういう黒米の玄米もぷりっとして、夫も好んでくれるようになりました。
炊飯器にも感謝です。

にんじんのごまきんぴら、ほうれん草のおひたし、セロリと粒コーンのマヨカレーサラダ、
ゆで卵という、大体いつも同じようなおかずが並びます。
上のほうにあるような、豚肉のしょうが焼きみたいないわゆるメインがある方が珍しい。
私は副菜と呼ばれる野菜ばっかりです。

そんな訳で、明日のお弁当はどうしようかな。