2006/08/09

東京:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

室内

スケジュール的に結局あまりゆっくりも出来そうにないので、ひたすらお得なプランでお手軽に。
【突然割引サマーバージョン】スーペリア海側ダブルルームがなんと一室\17,500(サ税込)でしたので、もうこちらで。
平日ってこともあり、このプランは朝食が付かなくてもかなりリーズナブルでした。
オットマンに足を投げ出せると実に楽。すわり心地の良い一人ソファでした。
デスクでホテルの情報を読みつつ、一人作戦会議。配偶者が来るのは21時を過ぎる予定だったので、ホテル内のリラクゼーションサロンで寛ぐことを算段。
そしてすぐに予約をとりました。

その他にはインルームダイニングのメニューを色々読んで、あれこれと計画をたてたりしてワクワクする時間でもあります。

左)ドアを入ってすぐ室内を伺った処。左手前にはクローゼット、その奥がTVの台やミニバー、右側はバスルームになっています。
右)ドアの傍にコンソールが。この台が思った以上に便利でした。
出掛けに「あれ、携帯持ったっけ?カードキー持ったっけ?」とバッグの中をごそごそするのにちょっと此処に置くことができたから。
ベイビューではレインボーブリッジやお台場の夜景が望めます。
この日は台風7号が関東に接近してたので前夜からとてもやきもきしていましたが、なんのなんの、台風一過で綺麗な夜景を眺めることが出来てほっとしました。
ここで暴風雨を受け止めるのも一興かなとは密かに思いましたが。
少し出窓風になってるので、かろうじて東京タワーも見えました。わーい。
地方出身者には何故か、東京タワーは心躍るものがあるような。

浴室

アメニティは普通でちょっと淋しかったのですが、シャワーブースが分かれているのがなんと云ってもポイントが高いです。楽です。
シャワーのカランが硬くてなかなかお湯を出せずに四苦八苦しました・・・。
そうそう、バスソルトが付いてたのは嬉しい。

シャワートイレももう標準設備ですかね。
鏡に木の枠が付いてるのが唐突な位置とはいえ面白いですが、曇り防止加工はありませんでした。

グレース・マッタ(リラックスサロン)

ここんとこずっと足がむくんで仕方がなかったので、リフレクソロジー60分\7,350をお願いしました。
マッサージの類を受けるのってそう云えばずいぶんご無沙汰でした。
スウェーデン式も取り入れつつ、たっぷりとケアして頂き、至福のひと時。
ホテルの中の一室を使っているせいか、リーズナブルな料金設定もありがたい限りです。

この後、配偶者と汐留で待ち合わせ、さくっと晩ごはんを食べた後、歩き魔の私たちはぶらぶらとホテルに戻ってきました。

出掛けにターンダウンサービスをお願いしていたので、こんな風になっていました。タオル類もきっちり整えられ、清清しい糊の効いたシーツや枕カバーがお目見えして、ああホテルだなあと嬉しくなる瞬間です。


夜お茶「インルームダイニングにて」

ルームサービスで、ケーキと飲み物を頼みました。
折角ならお部屋でゆっくりと夜景を見ながらでもお茶したかったので。

私はカフェオレとレモンタルト、彼はモンブランとコーラ。
合計で3000円くらいでまあまあ、そんなもんかなと云う価格帯。
レモンタルトだと爽やかかなあって思って選んだんですが、あ・・・甘い。
私が甘いって云うくらいだから相当甘いはず。
ポットにたっぷりとカフェオレが入ってて助かりました。コーヒーが進みます。
平日はずっと慌しいので、荒業でもこうして時間が持てるのもまあ、手かな。
明け方4時頃、目が覚めて外を見たらまんまる満月。
さんさんと降り注ぐ太陽より、凛とした月の方が好きなため、月が出てると嬉しくなります。
ぼーっと見ていて飽きないものです。
ビルのところどころは明かりがついてお仕事真っ最中。首都高も車が途切れることがありません。
東京って眠らない街だなあと改めて実感するひと時でした。
田んぼの真ん中にぽつんと建っていた家に育った私には、こんな光景がなんだかとても憧れでもありました。

朝食「ブルーベランダ」

特にこのプランには朝食は付いていなかったし、平日はここしかやってなかったので、自動的にこちらへ伺いました。(分けとく山は、週末のみらしい。これにも惹かれます。)
アラカルトかビュッフェを選べて、勿論後者を。

オムレツシェフがいたので、マッシュルームとチーズでふんわり作って貰いました。
パンの種類がかなり豊富にありました。迷った挙句、アプリコットデニッシュとレーズンのマフィン。マフィンの密度でなんとなくパン類のお代わりが出来なかった・・・少し、最近食が細くなったか?と疑った瞬間です。

場違いなたこときゅうりの酢の物、どーしても食べたかったのです。

配偶者は和風のラインナップで。鮭の身がふっくら厚かったのがいたく気に入ったよう。この人は和食だなあと改めて認識。
デザートの部。プリンがなかなか美味しかったです。タピオカミルク(写真外)は甘すぎて二人ともさじを投げました。
デザート食べながら、今後一年の目標を語り合い、何はともあれ健康が大前提だという結論に。後の野望は非公開と云うことで。

11時にチェックアウトしてゆりかもめの駅に向かう途中がかなり煙草の煙がつらかったです・・・。此処じゃないと駄目なんでしょうかね・・・此処が残念。
とは云え次はクラブフロアにじっくりお泊りしたいな。