2015/12/18

東京:ヒルトン東京お台場

室内


この秋誕生したヒルトン東京お台場へ、仕事帰りにいそいそと行ってまいりました。
いきなり夜景でお出迎えのこのロケーションはやっぱりいいものですね。
デスク側には、壁掛けのテレビがあります。

迂闊なことに禁煙室の予約ができなかったので、しばらく窓を開け放したり、消臭スプレーと空気清浄機を借りてガンガン稼働したりしていました。失敗したなあ。
ドア入って直ぐのところ。

鏡に写っているのはクローゼットとミニバー。

トワイニングなどお茶のラインナップが嬉しい。あとミネラルウォーターのプレゼントもありました。


洗面所。

棚の右下にはバスローブがありますが、これとは別にワンピースタイプのパジャマがあります。

アメニティ。

お風呂は日本人にありがたいタイプ。

私が部屋に入ったばかりの時間帯は、屋形船がたくさん浮かんでいました。

レインボーブリッジの向こうに東京タワーが見えるのはどうしても贅沢な夜景だと感じます。

後から来た夫が色々写真を撮っている時に「スカイツリーも見えるねえ」と見つけて。

本当だ…私が2つ前の夜景を撮った時にもちゃんと小さく写っていたのに、気が付かなかった。

お茶


夫がホテルに着くのが遅く、夕食までにはお腹が空くなあと思って、ショップ「プレミアムパレット」でスイートラムレーズン432円を。
リッチな生地に、ラムは強すぎず、でもレーズンはたっぷりという幸せなパンでした。
カモミールティーとともに。

夕食


夫がホテルに到着するのは21時を過ぎるのが確実だったため、そこから何処かへ食事に行くのもしんどいし、ルームサービスが気軽でいいよねという訳で。
私はクラシック・クラブサンドウィッチ1,600円(サ・税別)。
クラシックと書いてあったから、いわゆるオーソドックスなクラブハウスサンドウィッチを想像していたら、ちょっと違った方向でした。
でもこれはこれで美味しかったです。
カリカリベーコン・トマト・アボカドをサンドしたものと、チキン・ゆで卵をサンドしたもの。
ちょっとマヨネーズ量が私には多く感じたので、マヨネーズを外しながら…お行儀が悪いけど、インルームダイニングでは心置きなくできてしまうので助かります。

夫は秋川牛ハンバーガー2,500円(サ・税別)。

秋川牛もよかったみたい。
もし夫が頼まなかったら私がこちらをオーダーするつもりでした。
他にも秋川和牛のミートソースパスタや東京軍鶏親子丼、東京湾産スズキなど東京っぽさを楽しめるメニューがありました。

組み立てたところ。


二人して食べながら窓の外を見ては「それにしても綺麗な夜景だねえ」としみじみ。
普段こんな風に夜景を眺めたりしないので、この夜景をいつも見れるマンション等にお住まいの方は毎晩トキメクのかどうかなんて話しておりました。



折角東京タワーの灯りが消える瞬間を見ようと思ってたのに、0時過ぎから始まる孤独のグルメ最終回の時間ばかり気にしていたら、いつの間にか消えていました。
でもビルの赤い光が点滅しているさまは、何処かビルが息づいているようで、それだけでも何となくぼーっと眺めてしまいます。
そして、朝!

スカイツリーも綺麗に見えます。

富士山は惜しくも半分だけ。

朝食「オーシャンダイニング」(ヒルトン東京お台場内)


実は朝から若干頭が痛くて、ウダウダしておりました。
しばらくして原因が判ったのですが、ベランダの窓をきちんと閉めていなかったために、隙間からキーンという音が時々鳴っていてそれが頭に響いていたようです。
やれやれ。 また、前夜は普段よりも遅い時間に夕食を食べたため、満腹感が続いていたこともあり、中々起き上がれずに食事にもいけませんでした。
幸いなことに休日はこちらの朝食は11時までだったので、9時半頃にやっと降りて行きました。
すると行列ができていたので驚きました。
配られたオレンジジュースをいただきながら、外国の団体さんが多く宿泊していることを知り、更には私たちは特典があったので空き次第案内されることが10分近く待った後に気づきました。
まあ、窓側に案内されたしいいか。
まずは冷たいメニューから。
サラダの野菜はさほど品数は無かったのですが、チーズやスモークサーモンなどが揃っているのが嬉しかったです。
酸味のきいたレモンドレッシングで食べていると、胃が目覚めてまいりましたよ。

楽しかったのは、豆乳で作る野菜しゃぶしゃぶ。

お鍋には豆乳がぐらぐら沸いていて、好きな野菜を入れたストレーナーを沈め、自分の頃合いで茹でるのです。
にんじん、舞茸、エリンギ、紅芯大根、空芯菜が山盛りに盛られていて、見た目にも圧巻でした。
タルタルソースやごまドレッシングがありましたが、私は江戸蔵味噌だったかな。味噌味です。
これは楽しいし美味しい。

オムレツは、手前のカウンターで好きな具を入れて渡して焼いてもらう方式。

マッシュルーム、トマト、玉ねぎ、チーズと入れても綺麗に焼きあげてもらえて感動しました。
味はとっちらかったので、2つくらいがいいのかも。
野菜しゃぶしゃぶの舞茸が気に入ってしまったので、舞茸だけしゃぶしゃぶしてごまドレッシングで盛り付けました。
お腹いっぱいになってしまうのに何故ハッシュドポテトも乗せてしまったのだろう。なんかポテトを添えたくなったんですよね。
ソースはトマトソースの他にもサルサソースもあったりして、サルサ好きの夫は喜んでいました。

オムレツのカウンターには、フレンチトーストやパンケーキがあり、そちらを中心に組み立てる方法もあるなあ。
その更に隣のカウンターでは、その場で作るスムージーが提供されていました。
2種類ありましたが、どちらもバナナが使われていたので私はパス…。
夫はしっかりと楽しんでいました。

パンはホテルメイドのライ麦パンと、こちらはホテルメイドでない気がする黒オリーブのプチパン。

ピーナツバターやヌテラやバターという、「やってしまった~!」というくらいのカロリーを取ってしまいます。
スープが見当たらなかったので、メカブを入れたみそ汁を飲んで、胃をスキっとさせました。

多分、和食を中心に組み立てるといい気がします。こちらは夫のラインナップ。

左下はおそば。お味噌汁の具の処にあったメカブや油揚げをトッピングし、めかぶ蕎麦にしていました。
右下はお粥。絶対お粥を食べたほうがいいと何度も勧められましたが、私もうお腹いっぱいですよ…。次こそお粥中心の朝食にしますね。

デザートにはプレーンヨーグルトにフルーツトッピング。

閉店時間ギリギリまで朝食を食べることが珍しいので、最後の方は若干焦りました。
今度はもっとゆっくり楽しもう。

食休みしたらそろそろチェックアウトの時間。
ロビーのクリスマスツリー、夜の内に写真撮っておけばよかったなあと公開しましたが、明るくても綺麗だったのでまあいいか。

そういえば、私はゆりかもめの台場駅からそのまま通路を伝ってホテルに入ったため、お台場のイルミネーションとやらをまったく見ていなかったな。
でも部屋からの夜景が綺麗だったから、私は大満足。
最後に、ショップ「プレミアムパレット」で前日見た何とも可愛らしいパンを購入して帰りました。