栗原はるみさんの本

本のタイトルにリンクがあるのは、今すぐアマゾンで本が買えます。

タイトル 出版社 初版年 コメント
文化出版局
1991
本屋で「私これに載ってるの全部作りました」とレジの方に声をかけられ、私も頑張るぞと思いました。アーモンドクリームはよく試しました。
文化出版局
1992
普段のおかずにも大活躍。常備菜のレシピも重宝します。巻末のお弁当の為の工夫あれこれは参考になります。
文化出版局
1992
広島のローカルTVで彼女を知り初めて買った本。器やテーブルセッティングにも目を奪われます。私も千切り大好きですがかぼちゃはまだ・・。
講談社
1993
これを電子レンジで?!というオドロキの本。私は電子レンジ肯定派なので抵抗無く参考にしてます。でも幾つかはちょっと・・・というのも。
扶桑社
1994
献立の組み合わせなどがたくさんあり。こんなふうに気負わずに普段のおかずでもてなす事が出来たらなぁ。
扶桑社
1995
暮らしの工夫の色々も掲載されてて、これがすてきレシピへ繋がっていったという雰囲気のする本。栗原さんの暮らしにみんな興味津々。
文化出版局
1995
大好評の「ごちそうさまシリーズ」第2弾。器の勉強もできます。なにからなにまで憧れてしまう暮らしぶりがのぞけます。
扶桑社
1996
幻の「暮らしのレシピ」から買い始め、11巻で私は卒業。季刊誌として続いてるのは天晴れだなあ。
文化出版局
1999
反響の多かったレシピなどを中心に。サインを頂きサイン本として家にあります。どれか一冊買う人はこれがダイジェストでいいのかも。